tr?id=175752373000924&ev=PageView&noscript=1

妊活と仕事

投稿日時:2018/06/27(水) 16:32rss

こんにちは!
今回は山浦が記事を書いていきます。
 
妊活と仕事についてです。
この問題は仕事をしている女性なら一度は考えると思います。
まず、メリットとデメリットです。
 
仕事を辞める四つのメリット
 
・仕事によるストレスが軽減される。
誰でも仕事をしていれば大なり小なりストレスは発生します。妊活中の方にとってストレスは大きな悪影響をもたらすため、ストレスを軽減させることが大切です。
・自分の時間が作れるようになる
趣味などに時間を割けるようになり、時間に制限されることがほぼ無くなりますのでストレスが軽減されます。
また、お買い物をする、友人とお茶をする、というだけでもストレスを軽減することができるでしょう。
・生活のリズムが整えられる
仕事をしている方は朝早く起き、夜は遅く寝る、そんな生活を送っている方が多いと思います。寝ている時間が不規則だとホルモンバランスの乱れが生じてしまいます。仕事を辞めることで質の良い睡眠をとる事が可能になり、食生活のリズムよく整えることができるでしょう。
・不妊治療に専念できる
不妊治療をしている方であれば、治療に専念できるのは大きなメリットでしょう。
家事や仕事と、不妊治療の両立はより大変だと思います。
排卵日は待ってはくれません。排卵日に大事な仕事があったらまた1カ月後の排卵日まで治療が進まないのです。これもストレスが溜まる一つの原因です。
仕事を辞めて不妊治療に専念できるということは、治療を少しでも早くおわらせることにつながります。
 
 
次に仕事を辞める四つのデメリット
 
不安を抱える女性
 
・産休手当がもらえない
仕事を辞めるということは、受けることのできた手当や権利を放棄するということになります。そのひとつが産休手当です。
本来仕事を続けていれば、残業代などを含めた、平均日給の3分の2の金額を、産休期間の日数分だけ受け取ることができます。月々のお給料も無くなる上に、お産に関するこういった手当金も諦めなくてはいけません。
・再就職が難しい
これは妊活中の方だけに関わらず一度辞めたら再就職は難しくなります。
だからといって再就職できないわけではありません。資格をもっていれば再就職の際に役立つことでしょう。
再就職を考えている方であれば、妊活中に何かしらの資格を取得するということも視野に入れておくべきでしょう。
・家にいる時間が長くなる
仕事をしているときには、毎日会社に通うわけですから、家庭での癒しと仕事のバランスがよい状態です。しかし仕事を辞めると、家事が中心になり、家にいる時間が長くなり ますよね。外に行く機会も少なくなるので情報量も少なくなりがちになります。
・夫と対等でいられなくなる可能性がある
仕事を辞めると収入が無くなります。生活を支えてくれているのは夫だけになります。
生活のすべてを支えてくれるのが夫になるため、上下関係ができかねません。
仕事を辞める前に夫婦間でそのことについてしっかり話し合いましょう。

あくまでも夫婦間は平等が理想ですから。
どちらが上でも下でもありません。
 
このように、妊活中の女性が仕事を辞めるメリットとしては、ストレスを軽減すること
ができ、生活のリズムを整えられるので、より妊活に専念できるということでしょう。
しかし、妊活治療にはお金がかかります。仕事を辞めるデメリットとしてはやはり収入が減ってしまうことです。夫の収入や二人の貯蓄などで妊活に必要な費用を払え、さらに生活をしていくことができるならば仕事を辞めてもデメリットは少なくメリットが多くなるでしょう。