tr?id=175752373000924&ev=PageView&noscript=1

嘘のような本当の話!?

投稿日時:2018/09/07(金) 23:53rss

こんにちは!

本日は体質改善理事の辻がブログを担当させていただきます(^-^)


今日は不妊の専門的な事から離れて、赤ちゃんを望むにあたって、少し気持ちの持ち方、
マインドについてお伝えします。

全員の方に当てはまる訳ではありませんが、1つの参考にして頂けたら幸いです。


皆さん、赤ちゃんが出来やすい人、出来にくい人って雰囲気や話した感じの感覚でおおよそ特徴が
あるって知ってましたか?

これ嘘ではなく、不妊治療の某有名なクリニックのスタッフさんが実際におっしゃってた事なんです。

これは体質とか体型とか、そういう事ではないんです。
もちろん、病気や元々、子宮や卵巣に何かしらの問題を抱えていらっしゃる方は別です。

ただ、何も問題がないと言われている中で不妊治療を行った場合に、短時間で懐妊する方と
長時間かかる方のパッと見た際の雰囲気の違いがあるようです。

ではそれらを一つずつお伝えしていきます。


・不安や深刻そうな雰囲気が全面に出ている

皆さん、出来ないことに多少の不安や悩みはあると思いますが、懐妊しやすい方の心の持ち方としては、
出来ても良いし、出来なくても良い。
どちらでも自分の人生は楽しいと思われている方が多いようです。

それに対して、出来にくい方の特徴は、何で私は出来ないのだろう、このまま一生出来なかったらどうしよう、
出来なかったら私の人生何も面白くない。

それぞれこういった雰囲気がにじみ出ているようです。
もちろん不安な気持ちになるのもわかります。


ただ考えてみて下さい!!

皆さんは、楽しそうな雰囲気の場所と深刻そうな雰囲気の場所、どちらに近寄りたいと思いますか?

赤ちゃんが来ると言うのは、魂が宿るという事です。

赤ちゃんも一緒です。

明るくキラキラしている所に宿りたいのです。


・自分の身体を肯定的・否定的に捉えるかどうか

これはパッと見ただけでわかる事ではありませんが、何で私は出来ないんだ、
私の子宮や卵巣が悪いと、自分を否定的に捉える方がいます。

これは、自分の赤ちゃんを連れてきてくれる場所を否定しているのと一緒です。

否定されているものに、赤ちゃんは来たいと思いません。

逆に、どんな自分でも、自分に対して肯定的な人は身体もパワーを貸してくれます。

これも一緒です。

皆さんは、出来る出来ないは別として、自分はダメだダメだ、私はダメだと思って他人任せでいる人と、
今の自分を認め、自分の出来る事を精一杯やってる人と、どちらに近寄りたいでしょうか?

2つからもわかるように赤ちゃんも人です。
なるべく、居心地が良いところを選ぼうとするんです。


・アクセルとブレーキを両方踏んでいる

これはどういう事かというと、望んでいるのと同時に不安が強く、自分でブレーキをかけているという事です。

例えば、赤ちゃんは欲しいけど、お金の面で不安が、ちゃんと育てられるか分からない、
周りが望んでいるから欲しいけど、本当は自分の時間や趣味の時間が減るなど、
望みとは相反した気持ちを持っている方も多いんです。

これは車でいうと、アクセルとブレーキを両方踏んでいる状態なので、物事が前に進みにくい状態です。


・パートナーとの仲も大切

これももちろん、妊娠する為にも、育てる為にも大切です。
パートナーの片方は子どもを望んでいるなど、片方は望んでいない、こういった状況もアクセルとブレーキを
両方踏んでいる状態と一緒です。

体質やそれなりのの理由がある場合は別ですが、本来、子どもというのは、愛の中で授かるものです。
子どもを授かるというのは、人生の過程の中の義務ではありません。

パートナーと上手くいっていない、普段の懐妊以外を目的とした性交渉がないなどというのは、
赤ちゃんも宿るのに不安になってしまいます。

ちなみに、性交渉がないというのは、動物的な女性ホルモンの分泌という点からみてもあまり宜しくありません。

人工授精や体外受精で授かる事はもちろん悪い事ではありませんが、懐妊だけを目的として、
普段の性交渉が全くないというのは、心の繋がりという面でも、少し寂しい感じもします。

もちろん性交渉の繋がりが全てではありませんが、大切な一つになってきます。

ここまで4つ程、実際のクリニックの関係者の方から伺ったことを元にお伝えしましたが、
実はこれはお金やパートナーを望む上でも、基本的なマインドとしては、同じなんです。


これはあくまでも、個人的な解釈の一例ですが、一つ気持ちの持ち方として、
参考にして頂けたらと思います(^_-)-☆。

皆さんが少しでも望んでいる方向に行くお役に立てれば幸いです☆