tr?id=175752373000924&ev=PageView&noscript=1

胸を張っていれば鬱になれない?

投稿日時:2018/09/19(水) 14:14rss

妊娠しやすいカラダづくりの専門家の

小林 芳憲 (こばやし よしのり)です。
 

整体師であり、合気道では著名な三枝先生がおっしゃられた言葉で、

とても興味深いものがあったので、あなたにシェアします。
 

それは、「胸を張っていれば、鬱に”なれない”」

「ならない」のではなく「なれない」というところがミソです。
 

どういうことかといいますと、、、

胸を張ったり、胸を開いた姿勢というのは、それほどに心を前向きにし、

意志力を高める働きがあるのだと。
 

そして三枝先生は、こうも言っています。

「日焼けでこんがり焼けている鬱の人を見たことある?」

・・・たしかに!

松崎しげるさんが鬱なわけない!

むしろテンション高い!

・・・というイメージですよね。
 

太陽に当たって日焼けをすると、精神を安定させ、安らぎを与えてくれる

「セロトニン」というホルモンが分泌されるそう。

だから鬱になりにくくなり、ストレスにも強くなって、感情のコントロールや

心のバランスを保てるようになるそうです。
 

松崎しげるさんが胸をはって・・・

いや、日焼けでマックロな人が胸を張って歩いてたら、とても鬱には見えないですよね。

逆に、色白で、猫背な人がトボトボ歩いてたら、鬱な感じに見えちゃいます。

妊活のプレッシャーにに疲れ果て活動で、鬱になりがちな人もいます。
 

あなたは大丈夫でしょうか?
 

鬱にならないためにも、外にお出かけしましょう!

太陽をあびましょう!

背筋をピンッと伸ばして、少し早歩き

そして、胸をはって歩きましょう^^