tr?id=175752373000924&ev=PageView&noscript=1

妊娠に大切な続けられる運動

投稿日時:2018/12/03(月) 15:14rss

代表の森永です。

子どもを授かるには
「食生活」「身体を温める」「リラックス」
が大切とよく言われます。

大切なことを実践しているご夫婦は多いでしょうが、
妊娠しやすい身体づくりはそれだけではありません。

4つ目の大切なことに加えてほしいのが、
「運動」です。

運動不足からくる身体の不調は、
不妊にも関係してきます。

・肥満
・冷え性
は、内臓疾患だけでなく不妊への影響も大きいです。

元気な赤ちゃんが欲しいのに、
お父さんの身体が
お母さんの身体が
健康でないのはおかしいですよね。

健康的な食生活を送っていても、
その栄養素を身体の隅々までいきわたらせるには
筋肉が必要です。

身体にいいものを食べて、
運動をして筋力をアップして、
体中の血流がよくなって、
冷え性や肥満が解消されます。

不妊改善に向けての生活習慣の見直しとは、
食生活と「適度」な運動が重要なのです。

あくまでも「適度」としたのは、
出来なかったことに対して「ストレス」
を抱えてしまうことがあるからです。

「適度」にできる運動と言えば何でしょう。

多くの方があげられるのは、
・ウォーキング
・ヨガ
・ジム通い
などがあるでしょう。

自分1人で、または夫婦2人で
すぐに取り組めるものは
「ウォーキング」でしょうか。

妊娠を望んでいる方にとって、
ハードな運動をたくさんする必要はありません。

じっくりぽかぽかするぐらいでいいのです。
それには、やはりウォーキングはぴったりでしょう。

・大股で
・腕をふって
・息を充分に吸って吐いて

焦らず歩いてみてください。
20分もするとじんわり温まってきます。
これが有酸素運動です。

運動が苦手な方も取り組みやすい、
少ない力で筋力をアップさせてくれる、
始める前にお金がたくさんかからない!
ウォーキングは妊活の味方です。

ウォーキングを含めた運動が続けられないのは、
どうしてでしょう。

・仕事や家事の時間がある
・病院やその他の妊活もある
・ついつい億劫になる
・天候が関係してくる

わかります!
やらなくちゃいけないけど、出来ない時は
自己嫌悪に陥ってしまいますね。

「適度」は、自分を甘やかしてもいいのです。
ウォーキングは、続けることが重要です。

週に1回、出来る日に2時間歩くよりも、
何かのついでに20分毎日歩いてもらった方が
身体には断然いいのです。

お買いものへ行くついでに徒歩…
とてもステキです!



そして、今は冬です。
朝も夕方も寒いです。
歩くなんて…とてもそんな気にはなれませんよね。

雨や雪なんて降ったら…
それこそウォーキングどころではありません。

「外」を歩くことだけがウォーキングではないですよ。
ショッピングモールなどで歩いたっていいんです。

ついでにちょっとお気に入りの物を買っちゃった!
なんて、いいストレス解消です。

季節や天候に合わせてウォーキングのやり方も
変えていくことをお勧めします。

春や秋などは、外の景色を楽しみながら
歩いてみてください。
いい気分転換です。

妊娠を望んでいる方は、自分の身体や生活に気を付けながらも
日々不安や心配があることと思います。

悩んでストレスになってしまう前に、
不妊子宝整体をお試ししてみませんか。

全力でお応えしたいと思っています。