妊活に必要なミトコンドリア

投稿日時:2018/12/10(月) 11:52rss

妊娠しやすいカラダづくりの専門家

小林芳憲(こばやし よしのり)です。


今日は私のメルマガ読者から

いただいたメールをご紹介しますね。

※匿名でのメルマガ掲載に

ご同意いただいております。


<ここから>
*~*~*~*~*~*~*~*

(一部省略)

【M・Oさん】

いつもお世話になっております。


以前の記事で疑問に思う事があったので

教えてください。


『妊活に必要なミトコンドリアを増やすには寒さを感じるといい』

『妊活では体を冷やさない事が大事』


この2つって相反する内容のように

思えるのですが、間違っていますか?


これまで冷えは大敵だと思って

体を温めてきましたが、


寒さを感じながら温めるって

どうすれば良いのでしょうか...


*~*~*~*~*~*~*~*
<ここまで>


C.Mさんありがとうございます!


人の細胞、

特に卵子の細胞とミトコンドリアは

切っても切れない存在。



で、ここで出てきました、

『妊活に必要なミトコンドリアを増やすには寒さを感じるといい』

『妊活では体を冷やさない事が大事』


この一見すると相反するように思えますが、

違うんです!



まず大前提ですが、

体を冷やしてしまってはいけません。



例えばこれからの冬の時期

暖かい部屋から、外に出たとします。



寒いですよね!



でも「寒い」と感じた瞬間に、

体は冷えましたか?



・・・すぐには冷えませんよね?



というように、短時間で寒さを体感することで

ミトコンドリアは活性化されます。


もちろん長時間体感すると体は冷えますね。



ミトコンドリアを活性化させるなら

冷えない程度に寒さを感じる。



寒いからって暖かい部屋に

閉じこもっているより

適度に外に出て寒さを体感すると

ミトコンドリアは活性化されます!



昼間なら同時に日光を浴びると

体の中でビタミンDが生成されるので

一石二鳥です!!



ミトコンドリアの働きを簡単に説明すると、

細胞の中でエネルギーを作って

細胞の働きを活発にするものです。


そして、それはミトコンドリアにしか

できないお仕事なんです。



しかし活性酸素をため込んだカラダや

加齢により、ミトコンドリアの働きが

だんだん弱まってくるのです。



ミトコンドリアの働きが弱まると、

細胞の力が弱くなります。




なぜ卵子の質を上げるには、

ミトコンドリアの活性化が

欠かせないのか?



なぜなら、

卵細胞に存在するミトコンドリアの量は

体の中でもズバ抜けて多いからなんです!



卵子はそれだけ

ミトコンドリアのエネルギーに依存した

細胞なんですよね!



質の良い卵子を作り出すためには

普段から活性酸素を溜めない、


そしてミトコンドリアを活性化させる

食事や生活習慣を心がけることが

重要ですよ(^^♪



あなたもそろそろ

「ミトコンドリアを意識した妊活」

始めませんか?