tr?id=175752373000924&ev=PageView&noscript=1

子宮内膜受容能検査(ERA)

投稿日時:2018/08/27(月) 08:15[女性不妊]

こんにちは!
今回は、当協会の小原が担当させていただきます。


体外受精の治療において、良好胚を移植してもなかなか着床しない場合があると思います。

そういった、良好胚を複数回移植しても着床しない、反復着床不全に対する検査として、子宮内膜受容能検査(ERA)というものがあります。

そこで、今回は、子宮内膜受容能検査(ERA)をテーマにご紹介したいと思います。







子宮内膜受容能検査(ERA)とは?

体外受精において、凍結胚を融解して胚移植する場合、標準的な治療として、黄体ホルモンが子宮内膜に作用し始めてから5日目に胚移植を行なうことが、もっとも妊娠しやすい方法として行われています。

しかし、子宮内膜の着床の時期にずれがある場合、同様の方法を繰り返しても、着床する可能性が低く、反復不成功となる可能性があります。

ERA検査では、子宮内膜の着床能に関連する遺伝子発現を正確に検出し、そのずれが何日間あるのかまでを測定する検査です。

具体的には、着床期の子宮内膜の一部を採取し、238の遺伝子発現を一気に検査します。

そして、着床ウィンドウ(子宮内膜が受精卵を受け入れる時期のこと)と胚移植の時期が一致しているかを確認し、ずれがある場合には胚移植日を調整するという流れで行っていきます。

反復不成功の方の場合、妊娠率が約25%向上することが報告されています。


参考文献:SREI Prize Paper 2016. O-115 Simon et al. on behalf of the ERA RCT Consortium.







検査方法とは?

ホルモン補充周期に黄体ホルモンを投与を開始し、移植をする周期と同じような方法で、着床しやすくするために子宮内膜を厚くしていきます。

ホルモン剤を投与してから5日目に子宮内膜の組織を採取して検査します。

採取方法は、極細管(ピペール)を腟から子宮内へ挿入し、子宮内膜組織をごく少量採取します。

この検査周期では、胚移植は実施できません。

検査結果が出るまでに、2~3週間かかります。

子宮内膜を採取した時期の結果が受容期(Receptive)の場合、時期は問題がなく、良質な受精卵をこの時期に同じ条件にて移植していくことにより妊娠が期待できます。

非受容期(Non-Receptive)との結果が出た場合は、再検査が必要となります。

この場合、検査結果には次回検査時の子宮内膜採取のタイミングの指示が記載されています。

検査費用は医療機関によって異なりますが、おおよそ1回あたり12万円~25万円くらいのようです。






ERAが受けられる施設は?

ERAはスペインのアイジェノミクス社が行っている検査です。

2017年春にアイジェノミクス社の日本支社が設立されて以来、国内の病院・クリニックでも続々と導入が決まっているそうです。

https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=1Bf0fKYzeWuLlI4RoJhvV9Tu1HAPBRrJx&ll=37.61837697478173%2C139.88520141141055&z=5






まとめ

着床不全は、受精卵、または、子宮内膜の状態から起こる問題だと思います。

ERAは子宮内膜の問題に対して、光を投じてくれることを期待したいです。

また、検査にかかる費用を考えると安易に受けられるものではありませんが、良好胚を移植し続けても一向に着床しない方は、受けて見る価値はあると思います。
 

妊活に適した運動

投稿日時:2018/08/22(水) 09:54[女性不妊]

こんにちは(^o^)
今回は山浦が担当させていただきます!
妊活にオススメな運動を提案していきます!
 
こんな暑いのに運動なんて無理!!
と思う方が大半だと思います。
妊活に適した運動はあくまでも、自律神経、ホルモンバランスを整え血流を良くするのが目的なので激しいスポーツを行うのではないのです。
激しいスポーツは体の酸化を早めたりしてしまうことになりますので私はあまりオススメしません。
何をしたら良いか分からない方は是非ウォーキングがおすすめです。ウォーキングはふくらはぎをよく動かし、下半身の大きな血管の血流を刺激するので、血行促進の効果が大きく、子宮を温める効果も高くなります。
足の神経が骨盤の中に行くので足を動かすと刺激され子宮の働きも良くなる効果が期待されます。
少し大股を意識して、踵から地面に着きつま先で蹴る。肘は少し曲げて腕ふりをすると肩の方まで運動が出来ますので全身運動になります。
ルートを何個か作れば毎日飽きずに楽しむことが出来ます。四季を感じながら体を動かすと気分もリフレッシュしますしね!!
でもまだ日中は暑くて熱中症などの危険もありますので、朝か夕方からのウォーキングが良いと思います。
外を歩くのが苦手な方はジムなどがありますので活用してみて下さい(^’^)
 

不妊と脳の関連性について

投稿日時:2018/08/14(火) 14:46

事務局の門馬です。

妊娠にとても重要な脳の働きについてご説明していきたいと思います。

卵巣そのものには問題がなくても、指令をだすコントロールセンターである脳に問題がある場合も排卵障害、不妊の原因となりえます。関連して、頭蓋骨の問題は、骨盤にある仙骨と関連して、脳と脊髄のなかを流れる『脳脊髄液の循環』にも悪影響を及ぼします。

 

脳脊髄液は、わずかな液体量ですが、この脳脊髄液のスムーズな循環は生命活動に非常に重要な役割を果たしており、頭蓋骨の問題でスムーズな循環が妨げられると、やはり脳そのものの機能を低下させ、ひいては卵巣にも影響を及ぼしていく可能性があります。
 
病院で検査をしても異常なし。と言われる不妊症の多くの方々は、上記したようなことが主な原因と考えられ、それらを治療していくことによって着床、妊娠しやすい身体へと変化していきます。