妊娠を受け入れられる身体の環境づくり~前編~

投稿日時:2018/09/26(水) 14:54[女性不妊]

事務局・門馬です。

妊娠を受け入れる身体の環境づくりについてお話いたします。

骨盤内の関節である仙腸関節と恥骨結合は、わずかながらに可動性があり、これらの関節のわずかな歪みが、腰や脚などの痛みを引き起こすのみならず、骨盤内におさまる内臓にも多大な影響を与えます。

 
当然、子宮や卵巣も例外ではなく、骨盤の歪みが原因となって本来の機能が低下し、妊娠しにくい身体になっていることが多々あります。

 

背骨をはさんでいるのが骨盤の一部の仙骨と頭の骨の一部の後頭骨があります。
骨盤にある仙骨と、頭蓋骨を構成する骨の一つである後頭骨によるポンプ作用で、脳から脊髄を流れる脳脊髄液を循環させています。

 

この脳脊髄液はわずかな液体量であるにもかかわらず、脳をはじめとして全身に多大な影響を与える重要な液体です。この脳脊髄液の正常な循環のためには仙骨と後頭骨がリズミカルに可動することが大切です。
 

内臓は本来あるべき位置におさまってこそ正常な機能を発揮します。
 

しかしながら、肝臓が悪く肥大化することにより右腎臓や腸が押し下げられたり、悪い姿勢により肋骨などで構成される胸郭が下方向に変位し、内臓全体を押し下げたり、浅い呼吸で横隔膜が変位、やはり内臓全体を圧迫したりと、実は内臓の位置が正常な位置からずれている人が多いのです。それによって内臓そのもの、もしくは起因する場所に不調が起こっていきます。
 

子宮も例外ではなく、正常位置からの逸脱によって本来の機能が十分発揮できない状態にあることがあります。
 

根本原因である浅い呼吸や胸郭の変位を矯正していくと共に、内臓そのものにも働きかけるアプローチで子宮を正常位置に戻し、本来の機能が発揮できるよう変えていくことで妊娠しやすい身体づくりをしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸を張っていれば鬱になれない?

投稿日時:2018/09/19(水) 14:14[日常]

妊娠しやすいカラダづくりの専門家の

小林 芳憲 (こばやし よしのり)です。
 

整体師であり、合気道では著名な三枝先生がおっしゃられた言葉で、

とても興味深いものがあったので、あなたにシェアします。
 

それは、「胸を張っていれば、鬱に”なれない”」

「ならない」のではなく「なれない」というところがミソです。
 

どういうことかといいますと、、、

胸を張ったり、胸を開いた姿勢というのは、それほどに心を前向きにし、

意志力を高める働きがあるのだと。
 

そして三枝先生は、こうも言っています。

「日焼けでこんがり焼けている鬱の人を見たことある?」

・・・たしかに!

松崎しげるさんが鬱なわけない!

むしろテンション高い!

・・・というイメージですよね。
 

太陽に当たって日焼けをすると、精神を安定させ、安らぎを与えてくれる

「セロトニン」というホルモンが分泌されるそう。

だから鬱になりにくくなり、ストレスにも強くなって、感情のコントロールや

心のバランスを保てるようになるそうです。
 

松崎しげるさんが胸をはって・・・

いや、日焼けでマックロな人が胸を張って歩いてたら、とても鬱には見えないですよね。

逆に、色白で、猫背な人がトボトボ歩いてたら、鬱な感じに見えちゃいます。

妊活のプレッシャーにに疲れ果て活動で、鬱になりがちな人もいます。
 

あなたは大丈夫でしょうか?
 

鬱にならないためにも、外にお出かけしましょう!

太陽をあびましょう!

背筋をピンッと伸ばして、少し早歩き

そして、胸をはって歩きましょう^^

男性不妊と冷え性

投稿日時:2018/09/11(火) 14:25

代表の森永です。

今回は男性不妊のお話しです。不妊治療は本来夫婦一緒に頑張るものですね。
「妊活を頑張っているけれど、なかなか成果を得られない。」
でも、「不妊の原因がわからない。」と、悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

原因が分からなければ、どこからどう取り組めばいいのか手探り状態になってしまいます。

現代社会では、未病についても研究が進んでいますが、
万全の体調だと断言できる方は少ないでしょう。
人によって、不調の種類も色々ですが、これからの季節、特に気になるのが冷え性です。

冷え性が不妊の原因となることはよく言われますが、
冷え性は女性だけがなるものではありません。

現代では、気付かないうちに冷え性になっている男性が増えています。
そして、男性の冷え性も、不妊に深く関係しているのです。


冷え性がひきおこす不妊の症状とは

男性は女性よりも筋肉量が多いので、一般的には女性より冷え性になりにくいとわれています。
しかし、冷暖房が完備による自律神経の乱れ、仕事や人間関係のストレス、
睡眠不足、食生活の乱れ、運動不足から、冷え性の症状がでている男性が増えてきました。

冷え性は、自律神経の乱れや血行不良を招きます。
自律神経が乱れれば、ホルモンバランスは崩れ、
生殖に関係するホルモンの分泌にも支障をもたらすでしょう。

また、血液は酸素や栄養を身体全体に送り届ける重要な役目を担っています。
血行不良になりますと、下半身の血流が減り、男性では勃起障害や精子をつくる生殖機能が低下。
女性では生理不順や排卵障害、黄体機能不全など妊娠しにくい身体になってしまうのです。


冷え性の症状

・手足など末端が冷えきっている
・寝付けない
・低体温
・めまい
・肌荒れ
・頭痛、肩こり、腰痛

様々な症状がありますね。
女性の場合は、生理痛や生理不順、貧血なども挙げられます。

症状が軽いうちは、たまたま体調がすぐれないだけだと、気にしない方は多いです。
しかし、そのままにしておくことで慢性化し、不妊の原因になっていることが少なくありません。



冷え性の原因を改善する食品と不妊子宝整体

冷え性を呼び起こす原因は、食生活など生活習慣の乱れと言われます。
寒い時期は、冷えはもちろんのこと、
冷えからくる肩こり、腰痛、頭痛など辛い症状に悩まされることでしょう。

今は、シーズンオフの野菜でも、1年中食べることができます。
しかし、食べ物には、身体を温めるものもあれば、冷やすものもあるので注意が必要です。
身体を中から温める食材としては、
ショウガ、にんにく、たまねぎ、カボチャ、ネギ、りんごなどが挙げられます。

逆に、身体を冷やすものは、レタス、白菜、トマト、きゅうり、バナナ等です。
また、インスタント食品やスナック菓子も冷えを助長しますので、避けた方が賢明です。

そして、冷え性を改善するストレッチもオススメです。
不妊子宝整体では、身体のバランスを正常に戻すことで、
血液の流れはもちろんのこと、リンパや神経のめぐりを整えます。
腰痛や頭痛も改善され、妊娠しやすい身体づくりの強い味方となるでしょう。

  https://www.facebook.com/events/218505425504819/  

嘘のような本当の話!?

投稿日時:2018/09/07(金) 23:53[女性不妊]

こんにちは!

本日は体質改善理事の辻がブログを担当させていただきます(^-^)


今日は不妊の専門的な事から離れて、赤ちゃんを望むにあたって、少し気持ちの持ち方、
マインドについてお伝えします。

全員の方に当てはまる訳ではありませんが、1つの参考にして頂けたら幸いです。


皆さん、赤ちゃんが出来やすい人、出来にくい人って雰囲気や話した感じの感覚でおおよそ特徴が
あるって知ってましたか?

これ嘘ではなく、不妊治療の某有名なクリニックのスタッフさんが実際におっしゃってた事なんです。

これは体質とか体型とか、そういう事ではないんです。
もちろん、病気や元々、子宮や卵巣に何かしらの問題を抱えていらっしゃる方は別です。

ただ、何も問題がないと言われている中で不妊治療を行った場合に、短時間で懐妊する方と
長時間かかる方のパッと見た際の雰囲気の違いがあるようです。

ではそれらを一つずつお伝えしていきます。


・不安や深刻そうな雰囲気が全面に出ている

皆さん、出来ないことに多少の不安や悩みはあると思いますが、懐妊しやすい方の心の持ち方としては、
出来ても良いし、出来なくても良い。
どちらでも自分の人生は楽しいと思われている方が多いようです。

それに対して、出来にくい方の特徴は、何で私は出来ないのだろう、このまま一生出来なかったらどうしよう、
出来なかったら私の人生何も面白くない。

それぞれこういった雰囲気がにじみ出ているようです。
もちろん不安な気持ちになるのもわかります。


ただ考えてみて下さい!!

皆さんは、楽しそうな雰囲気の場所と深刻そうな雰囲気の場所、どちらに近寄りたいと思いますか?

赤ちゃんが来ると言うのは、魂が宿るという事です。

赤ちゃんも一緒です。

明るくキラキラしている所に宿りたいのです。


・自分の身体を肯定的・否定的に捉えるかどうか

これはパッと見ただけでわかる事ではありませんが、何で私は出来ないんだ、
私の子宮や卵巣が悪いと、自分を否定的に捉える方がいます。

これは、自分の赤ちゃんを連れてきてくれる場所を否定しているのと一緒です。

否定されているものに、赤ちゃんは来たいと思いません。

逆に、どんな自分でも、自分に対して肯定的な人は身体もパワーを貸してくれます。

これも一緒です。

皆さんは、出来る出来ないは別として、自分はダメだダメだ、私はダメだと思って他人任せでいる人と、
今の自分を認め、自分の出来る事を精一杯やってる人と、どちらに近寄りたいでしょうか?

2つからもわかるように赤ちゃんも人です。
なるべく、居心地が良いところを選ぼうとするんです。


・アクセルとブレーキを両方踏んでいる

これはどういう事かというと、望んでいるのと同時に不安が強く、自分でブレーキをかけているという事です。

例えば、赤ちゃんは欲しいけど、お金の面で不安が、ちゃんと育てられるか分からない、
周りが望んでいるから欲しいけど、本当は自分の時間や趣味の時間が減るなど、
望みとは相反した気持ちを持っている方も多いんです。

これは車でいうと、アクセルとブレーキを両方踏んでいる状態なので、物事が前に進みにくい状態です。


・パートナーとの仲も大切

これももちろん、妊娠する為にも、育てる為にも大切です。
パートナーの片方は子どもを望んでいるなど、片方は望んでいない、こういった状況もアクセルとブレーキを
両方踏んでいる状態と一緒です。

体質やそれなりのの理由がある場合は別ですが、本来、子どもというのは、愛の中で授かるものです。
子どもを授かるというのは、人生の過程の中の義務ではありません。

パートナーと上手くいっていない、普段の懐妊以外を目的とした性交渉がないなどというのは、
赤ちゃんも宿るのに不安になってしまいます。

ちなみに、性交渉がないというのは、動物的な女性ホルモンの分泌という点からみてもあまり宜しくありません。

人工授精や体外受精で授かる事はもちろん悪い事ではありませんが、懐妊だけを目的として、
普段の性交渉が全くないというのは、心の繋がりという面でも、少し寂しい感じもします。

もちろん性交渉の繋がりが全てではありませんが、大切な一つになってきます。

ここまで4つ程、実際のクリニックの関係者の方から伺ったことを元にお伝えしましたが、
実はこれはお金やパートナーを望む上でも、基本的なマインドとしては、同じなんです。


これはあくまでも、個人的な解釈の一例ですが、一つ気持ちの持ち方として、
参考にして頂けたらと思います(^_-)-☆。

皆さんが少しでも望んでいる方向に行くお役に立てれば幸いです☆