tr?id=175752373000924&ev=PageView&noscript=1
次へ>>

ピックアップ障害について。

投稿日時:2018/10/22(月) 18:38

代表の森永です。

不妊治療を意識し始めていろいろと調べていると
「ピックアップ障害」という名前に出会うかと思います。
不妊に悩む事がなければ、縁がないであろう名前です。
一般の女性の間では、あまり認知度が高くないのではないでしょうか。



「ピックアップ障害」とは、

「キャッチアップ障害」「卵管采不全」とも言われる症状で、
卵巣から排卵された卵子を卵管に上手く取り込めない状態を指します。
卵子を卵管に取り込めないということは、
卵子が精子と出会う可能性が大きく低下するということ。
きちんと質の良い卵子の排卵ができていても、
受精ができないのであれば、妊娠ができないと言う事ですね。
また、子宮外妊娠となってしまうリスクもあるようです。

キャッチアップ障害は卵管・卵巣・子宮に異常がなくても起こります。
残念な事に、検査方法が確立されていないため、
多くの場合、確定診断をすることはできません。
そして、根本的な治療法も確立されていないのです。

検査をしても、男性側・女性側共に異常が見つからない時に、
「ピックアップ障害かもしれません」と
可能性を指摘される事があるのです。



先ほど、根本的な治療法も確立されていないと述べましたが、

クラミジア感染で卵管に炎症を起こして癒着している場合は、
抗生物質を服用することで治療します。

子宮内膜症や子宮筋腫が原因と考えられる場合は、
年齢・症状・発生部位によって、手術や薬物療法が行われます。

卵管の癒着の場合、卵管造影検査でも見つからないケースもあり、
発見されにくい原因です。
癒着が発見された場合は、剥離手術が行われます。


原因不明の場合は、治療法が確立されていないため、
対症法として、排卵誘発剤を使い、
一度に排卵される卵子の数を増やし、
受精の可能性を上げる「排卵誘発法」や人口受精が考えられます。

これらの方法で、上手くいかなかった場合は、
卵管を使わずに受精の出来る、体外受精を検討する事になります。


原因不明のピックアップ障害の中で、
卵管の角度が良くない事が原因と考えられるケースがあります。
卵子は精子の様に自力で動くことはできません。
卵管に入ると、子宮に向けて「繊毛」が動くことによって運ばれていきます。
卵子が運ばれていくのに、卵管が子宮に向かって下り坂になっていれば、
子宮にたどり着きやすくなります。
反対に上り坂になっていたり、曲がっていたりすると運ばれにくくなり、
場合によっては、卵子が卵管からこぼれ落ちてしまう事となるのです。

骨盤と卵巣をつなぐ、「卵巣提索(骨盤漏斗靭帯)」が
引っ張られていることにより、卵管の角度が良くない事もあります。
この場合、排卵時痛や酷い生理痛、足のむくみ、高血圧などの
症状があります。

当協会では、子宮の位置を整える施術も行っております。
不妊治療の前に、まだできる事はないかとお探しの方に、
不妊子宝整体をお試しくださるよう、おすすめします。

子宮の位置って変わるの?

投稿日時:2018/10/16(火) 22:00

こんにちは!

本日は体質改善理事の辻がブログを担当させて頂きます(^ ^)

今日は子宮の位置て変わるの??という事ですが、
皆さん、不妊治療をされている方で、以外に盲点なのが、身体のゆがみです。

骨盤が捻じれると、子宮の位置も変化します。
この子宮の位置が変化するだけで受精する確率まで変わってしまうんです。

それ以外にも、首、背中、骨盤と身体の骨が曲がっていると、脳から子宮・卵巣に行く
ホルモンの流れも詰まってしまったり、流れが悪くなってしまう場合があります。

これではせっかく、サプリメントや薬を飲んだり、ご自身で体質を整えても、
効率が悪くなります。

では、どういった事が身体のゆがみにつながっているのか、そしてご自身がどれだけ
ゆがんでいるのか、一つの参考にしてみて下さい!


骨のゆがみ度チェックをしてみて下さい。

該当するものにチェックマークしてみて下さい。

︎イスなどに脚を組んで座る事が多い
︎頬づえをよくつく
︎靴底のすり減りが左右で違う
︎いつも同じ肩にバックやカバンを持つ
︎いつも服の袖やズボンが回ってねじれてしまう
︎横座りやアヒル座りをよくする
︎寝る時に毎回片方、横を向いて寝るクセがある
︎寝ている時にうつ伏せになる事が多い
︎猫背や背中が丸まっている
︎写真を撮ると、左右肩の高さが違う
︎テレビを観る時に首を傾けたり、横を向いて観ている
︎仕事で長時間、同じ姿勢でいる事が多い
︎片方の奥歯でよく物を噛む
︎首や腰などの左右に動く範囲が違う


1~2個→さほど気にする必要はありません。
3~5個→自覚症状はなくても、少し注意が必要です。
6~8個→明らかに身体に影響してきます。改善しましょう。
9個以上早期の改善、対処をオススメします。


このゆがみのチェックで該当が多いようであればあれば、不妊の原因の一つにもなりかねません。
当協会の不妊整体の中でこれらの不妊に影響する可能性のあるゆがみを整える事が出来ます。

是非、少しでも気になる事があればご相談してみて下さいね(^ ^)
 

テストステロンと不妊

投稿日時:2018/10/09(火) 11:12

こんにちは!
今回は、当協会の小原が担当させていただきます。



テストステロンは男性ホルモンの1つですが、女性にとっても、健康維持をする上で必要不可欠なホルモンです。

しかし、体内でのテストステロンの濃度が高くなりすぎると、不妊につながるといわれています。

そこで、今回は、テストステロンと不妊をテーマにご紹介したいと思います。







テストステロンとは?

テストステロンとは、男性ホルモンの1つです。

テストステロンは性欲を強くしたり、骨格や筋肉を成長させたりして、男性らしさを保つ働きをしています。

男性は体毛が濃く、筋肉がついているのは、テストステロンの作用によるものです。

テストステロンはたんぱく質を合成する機能を持っており、筋肉や骨の成長を促したり身長を伸ばす役割もあります。

テストステロンは、男性の場合、睾丸で作られています。

女性の場合は、男性に比べると分泌量は少ないですが、副腎や卵巣でテストステロンが作られています。










女性における高テストステロン症とは?

女性にとってテストステロンは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌を抑え込む働きがあり、テストステロンの分泌量が増えすぎると、本来持っている正常なホルモンバランスを崩してしまうことがあります。

テストステロンの値が高すぎると、テストステロンの分泌が盛んになりすぎたために起こる様々な症状が起こります。

テストステロンの分泌量は血液検査を行うことで測定します。

女性のテストステロンの値は、生理周期によって異なりますが、おおよそ8~85ng/dlです。

結果が基準値の範囲を少々上回るくらいでは全く問題はありません。

テストステロンは早朝以外の時間帯で分泌量が大きく変わるホルモンであるからです。

しかし、明らかに基準値を大きく上回る場合には高テストステロン症が疑われます。

女性における高テストステロン症は、主に月経不順や排卵障害、多毛、吹き出物、肥満などの症状がおらわれる場合があります。

異常にテストステロンの数値が高かったり、同時に多嚢胞性卵巣症候群の症状が現れる場合には注意が必要です。

月経不順が起こりやすくなり、不妊症の確率をあげてしまいます。










高テストステロン症の症状とは?

・不妊になる

・流産のリスクが上がる

・皮脂の分泌量が増えて、肌が脂っぽくなる

・体毛が濃くなる

・ニキビができやすくなる

・体臭がきつくなる

・攻撃的な性格になる









女性の高テストステロン症の原因とは?

・ストレス

過度のストレスを溜め込むと、脳はストレスに対抗するために交感神経を優位にします。

交感神経が優位になると、テストステロンの分泌量が増え、さらに女性ホルモンの分泌量が減り、高テストステロン症の原因になる可能性があります。


・多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群が高テストステロン症の原因になることが多いです。

卵巣内でのホルモン合成異常や高インスリン血症などによって高テストステロン症の原因になることがあります。


・肝機能障害

一日に分泌されたテストステロンが主に肝臓で代謝されて分解されています。

肝機能に問題がある場合、テストステロンの代謝や分解がうまくいってない状態となり、体内のテストステロン量が増えてしまい、高テストステロン症の原因になることがあります。


・脂肪過多の食事

食事の栄養が偏りがちで、脂肪分の多い食事ばかりを摂取しているとテストステロンの分泌が増えてしまうことがあります。

これは、テストステロンの合成がコレステロールをもとに行われるため、高テストステロン症の原因になることがあります。










テストステロンの分泌量を下げるためには?


・ストレスを溜め込まない

ストレスをためこまないようにするには、日ごろからまず眠ることを心がけた方が良いと思います。

睡眠には、嫌な記憶を消す働きがあり、ぐっすりと眠ることが精神的ストレスに対処する最良の方法です。

精神的なストレスを減らすには、脳を休ませることが第一に考えましょう。


・適度な運動をする

冷え性の女性は、冷え性が原因でホルモンバランスが乱れ、テストステロンが増えてしまいます。

運動をすることで、筋肉量を増やし、体温を上げましょう。



・イソフラボンを摂取する

イソフラボンは、大豆製品に含まれています。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造をしています。

体内で不足しているエストロゲンを補助する役割をします。

体内のエストロゲンの量が増えれば、相対的にテストステロンの量が減り、ホルモンバランスが整うので、テストステロンの分泌量を下げることができます。





まとめ

女性の場合、多嚢胞性卵巣症候群でテストステロンの濃度が高い場合が多いです。

そのまま放っておくと、将来不妊の原因になることもありますので、思い切って婦人科を受診してください。

妊娠中に気をつけたい感染症

投稿日時:2018/10/03(水) 12:52

こんにちは!!
妊娠初期に気をつけなければならない感染症を今日は書いていきます。
最近では関東を中心に風しんが猛威を振っています。

まずはこれが一番気をつけてもらいたいです。

【風しん】
風しんは患者からの咳やくしゃみ、身近での会話などでも感染します。
胎児に感染が及ぶと、先天性風しん症候群と言って生まれつき耳や眼や脳や心臓に障害が生じる恐れがあります。
 
:対応策としてワクチンを打つ、不要な外出は控える、手洗いうがいをしっかり行う。
 
 
【サイトメガロウイルス感染症】
だいたいの方は子どもの頃に感染し、特に病気を起こすことはない、どこにでもあるウイルスなのですが妊娠中に初めて感染してしまうとやはり胎児にも感染が及び、耳や脳
などに障害が生じる恐れがあります。
 
:対応策としては子供の尿や唾液などを触った際は素早く手洗いうがいを行う。
子供の食べ残しなどを食べない。日常生活内での会話の際の飛沫は問題ありません。
 
 
【トキソプラズマ症】
トキソプラズマ症は、自然界の動物の多くにみられる原虫による感染症です。
トキソプラズマ原虫は感染している動物の肉を食べたり、動物の糞に汚染された土壌に触れた手を介して感染します。胎児に感染が及ぶと眼や脳などに障害が生じる恐れがあります。
 
:対応策としては妊娠中、生肉や火の通りが不十分な肉は食べないようにする。
生肉を扱った箸やお皿などはきちんと洗剤を使用して洗浄する。
猫の排泄物を扱う時や庭仕事・畑仕事をする時には、手袋を付け、終わったら流水で充分手洗いを行う。
 
自分の身を守る事は生まれてくる赤ちゃんを守る事にもなりますから~
 

妊娠を受け入れられる身体の環境づくり

投稿日時:2018/09/26(水) 14:54

事務局・門馬です。

妊娠を受け入れる身体の環境づくりについてお話いたします。

骨盤内の関節である仙腸関節と恥骨結合は、わずかながらに可動性があり、これらの関節のわずかな歪みが、腰や脚などの痛みを引き起こすのみならず、骨盤内におさまる内臓にも多大な影響を与えます。

 
当然、子宮や卵巣も例外ではなく、骨盤の歪みが原因となって本来の機能が低下し、妊娠しにくい身体になっていることが多々あります。

 

背骨をはさんでいるのが骨盤の一部の仙骨と頭の骨の一部の後頭骨があります。
骨盤にある仙骨と、頭蓋骨を構成する骨の一つである後頭骨によるポンプ作用で、脳から脊髄を流れる脳脊髄液を循環させています。

 

この脳脊髄液はわずかな液体量であるにもかかわらず、脳をはじめとして全身に多大な影響を与える重要な液体です。この脳脊髄液の正常な循環のためには仙骨と後頭骨がリズミカルに可動することが大切です。
 

内臓は本来あるべき位置におさまってこそ正常な機能を発揮します。
 

しかしながら、肝臓が悪く肥大化することにより右腎臓や腸が押し下げられたり、悪い姿勢により肋骨などで構成される胸郭が下方向に変位し、内臓全体を押し下げたり、浅い呼吸で横隔膜が変位、やはり内臓全体を圧迫したりと、実は内臓の位置が正常な位置からずれている人が多いのです。それによって内臓そのもの、もしくは起因する場所に不調が起こっていきます。
 

子宮も例外ではなく、正常位置からの逸脱によって本来の機能が十分発揮できない状態にあることがあります。
 

根本原因である浅い呼吸や胸郭の変位を矯正していくと共に、内臓そのものにも働きかけるアプローチで子宮を正常位置に戻し、本来の機能が発揮できるよう変えていくことで妊娠しやすい身体づくりをしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次へ>>