次へ>>

精子の質と量

投稿日時:2019/01/07(月) 14:19

精子の質と量

こんにちは(^ ^)

本日は当協会の辻がお伝えします!

皆さん、不妊症の原因って圧倒的に女性不妊が原因だと思っている方も多いですが、
実は女性だけが原因ではなく、男性不妊も全体の3~4割位存在します。

その男性不妊の原因の一つが「精子」です。

その中でも今日は精子の質と量を低下させる原因についてお伝えします。

まず精子の状態、評価をするものとして、精液基準値というものがあります。

①精液量            1.5ml以上
②精子濃度        1ml中1500万匹以上
③運動率            40%以上
④正常形態率    4%以上
⑤総精子数        全精液量中3900万匹以上

これらの基準値が定められています。

精子は通常1日に数千万~1億匹作られると言われていて、精子は4億匹まで
貯蔵できると言われています。

しかし、これは様々な原因がきっかけで減少していきます。

では、これらの基準値を低下させるものとしてどういったものが原因になるのか?をお伝えしていきます。


①加齢

これはよく言われる原因の一つですが、35歳~42を境に出生率や妊娠に至るまでの期間が長くなると
言われています。

これは年齢上昇により、精巣自体の働きが低下し、精子の量や精子自体の形が変異していたり、
機能が低下する事が原因だと言われています。


②喫煙

喫煙は百害あって一利なしと言いますが、やはり生殖器にとってもいい影響は及ぼしません。
血液の流れが悪くなり、精巣に栄養がしっかり届かなくなる為に、精子の数が減少したり、
運動率の低下、精子の奇形、元気のない精子が増加します。


③アルコール摂取

350ml缶のビールやチューハイ1、2本であれば、そこまで問題ありませんが、
アルコールの過飲は生殖器にも影響し、精液量を低下させます。


④ストレス

ストレスも、身体の働きを低下させる為、ホルモン分泌のバランスが崩れ、精子が上手く育たなかったり、
元気のない精子が増加します。


⑤食生活

これは糖質の多い食事を摂り過ぎたり、添加物を摂り過ぎたりする事で、精子の形成や濃度、
運動率が低下してまいます。

あくまでも一例ですが、これらの事が一つの原因になります。


今回は、男性不妊という観点から、原因についてお伝えしました。

是非、ご参考にしてみて下さい(^ ^)


男性不妊の原因の一つとなる、食生活。
これに関しては、また後日、次の機会に細かくお伝えしていきます。

ピロリ菌と不妊

投稿日時:2018/12/31(月) 09:05

こんにちは!
今回は、当協会の小原が担当させていただきます。



不妊症とピロリ菌の関係は、最近の研究などで密接であると言われています。

そして、ピロリ菌は女性も男性も不妊に関係があるといわれています。

そこで、今回は、ピロリ菌と不妊をテーマにご紹介したいと思います。







ピロリ菌とは?

ピロリ菌は胃粘膜に生息しています。

胃粘膜は、強力な酸である胃酸に覆われているため、従来は、細菌も存在できないと考えられていました。

しかし、最近の研究により、胃の中でも存在できる、ピロリ菌という細菌がいることがわかりました。

ピロリ菌は、ウレアーゼという酵素を出して、自分の周りにアルカリ性のアンモニアを作り出すことで、胃酸を中和しながら、胃の中に存在しています。

ピロリ菌の感染経路は不明ですが、飲み水や食べ物を介して口から菌が入ってしまうことで感染するのではないかと考えられています。

さらに、免疫機能が十分ではない幼児期に感染する可能性が高く、免疫機能が確立している成人が新たに感染する可能性は低いようです。

日本人の場合、年齢が高い方ほどピロリ菌に感染している率が高く、60歳代以上の方の60%以上が感染しているといわれています。

また、ピロリ菌に感染しているだけでは、症状などは出ませんが、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎の患者さんは、ピロリ菌に感染している方が多く、ピロリ菌が胃や十二指腸の炎症やがんの発生に関わっていると考えられています。







女性がピロリ菌に感染した場合

ピロリ菌に感染した女性はピロリ菌に対抗する抗体を持ちますが、この抗体が卵子と精子の受精を阻害してしまいます。

精子が子宮頸管内にたどり着いても頸管粘液が精子の運動性を低下させるので、妊娠する確率は低下します。

妊娠した女性がピロリ菌に感染すると、赤ちゃんの命にも関わる妊娠高血圧性腎症の発症率が高くなります。

妊娠高血圧性腎症は胎児が危険に晒されるので、胎児死因にも挙げられます。

また、妊娠後の悪阻(つわり)が重症になるという報告もあるそうです。







男性がピロリ菌に感染した場合

男性がピロリ菌に感染すると、精子の形成に影響を及ぼすとされています。

また、精子の奇形や、変質、運動率の低下や寿命が短くなるともいわれています。

男性不妊の方がピロリ菌の検査をすると保菌者が多く、除菌をすると精子の状態がよくなるというデータがあります。 







ピロリ菌の保菌率は?

日本でのピロリ菌保菌率は、若い人に少なく、高齢者ほど感染率が高くなっています。

不妊治療世代である30代では15~20%の保菌率で、40代では20%、50代では50%以上と年齢が上がるに従い増加する傾向があるのです。

年齢が上がるほどピロリ菌の保菌率が高いのは、水からの感染源が考えられています。

つまり、水道水などのインフラがまだ整っていなかった時期に幼少期を過ごしたためではないかとされています。

ただし、ピロリ菌は人の胃の中に生育しているものです。

そのため、ピロリ菌を保有する人の胃から菌が上がり、直接子どもに感染するというリスクも考えられます。

胃炎がある方などピロリ菌感染の疑いがある方は、夫婦で調べてもらうことが大切です。

2012年よりピロリ菌に感染した胃炎に対する保険も適用されたため、従来の保険適用基準より幅広い人が治療を受けやすくなりました。

ピロリ菌に感染していることがわかったら、抗菌薬を使い除菌することができます。







まとめ

ピロリ菌と不妊症の直接的な因果関係はまだわかってない部分も多いようですが、ピロリ菌保菌者に妊娠しにくい人が多いことは判明しています。

原因不明の不妊の方は一度検査をしてみるのもいいのではないかと思います。

感染している方は除菌することで、妊娠しにくい状況のひとつを改善できると考えられるでしょう。
 

暴飲暴食のリセット

投稿日時:2018/12/26(水) 11:59

こんにちは!
今回は山浦が担当させていただきます。
 
妊活をされている方は、今までの生活に比べて制限されることが多いのでそのストレスから暴飲暴食をしてしまう事もあるかもしれません。
この時期はクリスマスやお正月もありますしね。
 
暴飲については、簡単です。
飲むについては缶ビール1本程度であれば付き合いなどもありますし
毎日でなければ許容範囲と思います。
出来れば妊活中の飲酒はない方が理想です。
 
暴食ですが私たちが食べたものは、胃に入り小腸に行き消化吸収されます。
食べたものがすぐに脂肪になる訳ではありません。
暴食をしてしまった翌日の食事が大切になってきます。
 
妊活中、妊娠中は暴飲暴食をしてしまうこともしょうがないと割り切って、次の日にきちんとリセットして体重管理をしましょうね。
 
暴飲暴食してしまったら、以下の4つに注目です。
 
1.白湯を飲む
 
朝起きたら、まずは白湯を飲んで内臓を温めて、代謝をアップさせましょう。
血液やリンパの流れも良くなって、老廃物を体外に排出してくれます。
白湯が飲みにくいと感じる人は、白湯に少しレモンを絞ってみてください。
レモン汁でもいいですよ。
 
2.軽い運動をして汗を出す
軽い運動を行うと代謝も良くなり老廃物も外に出やすくなります。
腸の活動も活発になるので、便秘解消にもなります。腸が元気であれば
体全身の調子も良くなります。
 
3.水分を多く摂る(無糖)
暴飲暴食した次の日は、水分をいつも以上に多く摂りましょう。
これも汗や料として老廃物を排出させましょう。
 
4.食べる量は控えましょう
食べる量をいつもの半分から3/2程度にしてください。
プラス、脂肪や糖質、老廃物を体外に排出してくれる食材を積極的に食べましょう。
オススメの食材を提案しますね(^o^)
 
■青魚
魚の中でもいわし、さば、にしん、あじ、さんまなどの青魚がおすすめです。
これらの魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)には脂肪を燃焼する作用があり、
さらには「GLP-1」というホルモンを分泌させます。
この「GLP-1」は糖の吸収を抑えたり、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防いだり
する効果があります。
その他DHA(ドコサヘキサ鳶)血液をサラサラにする効果も期待できます。
 
■野菜
ここでおすすめなのは食物繊維が多い野菜、糖質が少なめの野菜、
 食べ過ぎ・飲み過ぎで発生した活性酸素を除去する緑黄色野菜、
 
■海藻類
わかめ、昆布、もずく、ひじきなどの海藻は最強のリセット食材。
表面のぬるぬる成分「フコイダン」が脂質の吸収を抑えて体の外に排出、
さらに海藻の色素「フコキサンチン」には脂肪をエネルギーに変えて燃焼させる
効果が!
そして海藻類はカリウムが多く含まれているので、食べ過ぎ、飲み過ぎ後の
 むくみにも効果的です。
 
■酢の物
余分な糖の吸収を抑え、血糖値の上昇も緩和する酢は、食べ過ぎ翌日には
摂っておきたいもの。酢も海藻も一緒に摂れる「もずく酢」がオススメ!!
 
暴飲暴食したら、必ず翌日は意識して食事や飲み物を摂取してくださいね!
 

妊娠を受け入れられる身体の環境づくり~後編~

投稿日時:2018/12/18(火) 20:02

事務局・門馬です。

内臓は本来あるべき位置におさまってこそ正常な機能を発揮します。

 

しかしながら、肝臓が悪く肥大化することにより右腎臓や腸が押し下げられたり、悪い姿勢により肋骨などで構成される胸郭が下方向に変位し、内臓全体を押し下げたり、浅い呼吸で横隔膜が変位、やはり内臓全体を圧迫したりと、実は内臓の位置が正常な位置からずれている人が多いのです。それによって内臓そのもの、もしくは起因する場所に不調が起こっていきます。

 

子宮も例外ではなく、正常位置からの逸脱によって本来の機能が十分発揮できない状態にあることがあります。

 

根本原因である浅い呼吸や胸郭の変位を矯正していくと共に、内臓そのものにも働きかけるアプローチで子宮を正常位置に戻し、本来の機能が発揮できるよう変えていくことで妊娠しやすい身体づくりをしていきます。

妊活に必要なミトコンドリア

投稿日時:2018/12/10(月) 11:52

妊娠しやすいカラダづくりの専門家

小林芳憲(こばやし よしのり)です。


今日は私のメルマガ読者から

いただいたメールをご紹介しますね。

※匿名でのメルマガ掲載に

ご同意いただいております。


<ここから>
*~*~*~*~*~*~*~*

(一部省略)

【M・Oさん】

いつもお世話になっております。


以前の記事で疑問に思う事があったので

教えてください。


『妊活に必要なミトコンドリアを増やすには寒さを感じるといい』

『妊活では体を冷やさない事が大事』


この2つって相反する内容のように

思えるのですが、間違っていますか?


これまで冷えは大敵だと思って

体を温めてきましたが、


寒さを感じながら温めるって

どうすれば良いのでしょうか...


*~*~*~*~*~*~*~*
<ここまで>


C.Mさんありがとうございます!


人の細胞、

特に卵子の細胞とミトコンドリアは

切っても切れない存在。



で、ここで出てきました、

『妊活に必要なミトコンドリアを増やすには寒さを感じるといい』

『妊活では体を冷やさない事が大事』


この一見すると相反するように思えますが、

違うんです!



まず大前提ですが、

体を冷やしてしまってはいけません。



例えばこれからの冬の時期

暖かい部屋から、外に出たとします。



寒いですよね!



でも「寒い」と感じた瞬間に、

体は冷えましたか?



・・・すぐには冷えませんよね?



というように、短時間で寒さを体感することで

ミトコンドリアは活性化されます。


もちろん長時間体感すると体は冷えますね。



ミトコンドリアを活性化させるなら

冷えない程度に寒さを感じる。



寒いからって暖かい部屋に

閉じこもっているより

適度に外に出て寒さを体感すると

ミトコンドリアは活性化されます!



昼間なら同時に日光を浴びると

体の中でビタミンDが生成されるので

一石二鳥です!!



ミトコンドリアの働きを簡単に説明すると、

細胞の中でエネルギーを作って

細胞の働きを活発にするものです。


そして、それはミトコンドリアにしか

できないお仕事なんです。



しかし活性酸素をため込んだカラダや

加齢により、ミトコンドリアの働きが

だんだん弱まってくるのです。



ミトコンドリアの働きが弱まると、

細胞の力が弱くなります。




なぜ卵子の質を上げるには、

ミトコンドリアの活性化が

欠かせないのか?



なぜなら、

卵細胞に存在するミトコンドリアの量は

体の中でもズバ抜けて多いからなんです!



卵子はそれだけ

ミトコンドリアのエネルギーに依存した

細胞なんですよね!



質の良い卵子を作り出すためには

普段から活性酸素を溜めない、


そしてミトコンドリアを活性化させる

食事や生活習慣を心がけることが

重要ですよ(^^♪



あなたもそろそろ

「ミトコンドリアを意識した妊活」

始めませんか?

 
次へ>>